ビジネス

LINEがシェアサイクル事業に参入、深澤直人ともコラボした中国新興企業と協業

 LINEが2018年上半期、シェアサイクル事業に参入する。中国でシェアバイク事業を運営するモバイク(mobike)の日本支社に出資をし、業務提携を開始する。国内で圧倒的なユーザー数を抱えるLINEアプリを活用し、空き状況の検索や決済が行える仕組みを整える。20年の東京オリンピックに向けて、混雑する電車に代わる新たな交通手段となることを目指す。LINEが推進する地方自治体との協業も視野に、まずは地域を絞って試験的に導入し、今後拡大を目指す。

 出澤剛・社長は、「日本は世界有数の自転車保有数をほこる。特に、若年層では車の保有率が下がっている。シェアリング市場の規模拡大に加えて、生活スタイルの変化を感じ、(シェアリング事業に)強い関心を持っていた。今後さまざまなシェアリング事業をやっていく上でのファーストステップだ」と経緯を語る。胡瑋煒(フー・ウェイウェイ)モバイク創業者兼社長は自社の特徴について、「サイエンスを使って、より便利な生活を提供することを目指している。(すでに首都圏で大きなシェアを持つ)ドコモなどとは競合にならない。相互補完性があるはずだ」と説明する。

 モバイクは15年に創業。アプリで解錠できるスマートロックに加えて、空気を必要としないタイヤを使った“4年間メンテナンスフリー”の自転車を自社開発。シンガポールを皮切りに世界200以上の都市で8000万台のシェアサイクルを展開している。1日の利用回数は世界で3000万回以上。過去にはプロダクトデザイナーの深澤直人を起用した自転車もある。

 直近ではメルカリも2018年にシェアリングサイクル事業「メルチャリ」の開始を発表するなど、IT企業を中心にシェアサイクル市場が大きな広がりを見せている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら