ニュース

LINEがECモールを立ち上げ、伊勢丹やオンワード、ジーユーなど100社が参加

 LINEが6月15日、アプリ内にECモール「LINEショッピング」をオープンした。三越伊勢丹やそごう・西武、オンワード、ナイキ(NIKE)、丸井、ライトオン(RIGHTON)、ジーユー(GU)、ギャップ(GAP)、ゾフ(ZOFF)、コーチ(COACH)、フォーエバー21(FOREVER21)など、100を超えるブランド・企業が参加する。

 既存ECモールと異なる最大の特徴は、モール内に買い物カゴや決済といったEC機能を一切持たないこと。ユーザーは「LINEショッピング」でブランド別・カラー別・カテゴリ別といった商品検索ができるが、商品をクリックするとすぐにブランドの自社ECへ送客される。ユーザーは「LINEショッピング」経由で商品を購入すると、購入金額とブランドごとに決められた還元率に応じてLINEポイントを受け取ることができる。

 藤井英雄LINE執行役員O2O事業担当は、「既存ECモールはモール内で購買が完了してしまうため、ブランドが新規顧客や購買データを獲得することができなかった。『LINEショッピング』はブランドECへの入り口としての機能しか持たないため、国内6800万のLINEユーザーをブランドの新規顧客として送客できるようになる。16年12月〜17年5月の期間にテスト導入をしたところ、ブランドECへの新規ユーザー送客率22.8%を達成したことで本格ローンチを決めた」と説明する。

 「LINEショッピング」はオンライン上でのLINEユーザーの送客サービスだが、今後は実店舗のPOSレジと連携したオフラインでの送客サービスもローンチする計画だ。2017年中にテストを始め、18年にはオンライン、オフラインを合わせたLINEを通じたブランドの商品取扱高1000億円を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら