ニュース

メルカリがシェアサイクル事業「メルチャリ」を開始

 メルカリが2018年、シェアリングサイクル事業に参入する。事業名は「メルチャリ」で、アプリで近くの自転車を探し、レンタルができるというもの。シェアリング事業を中心に新規事業を担当する子会社ソウゾウが運営を担当し、都心部を皮切りに全国へ拡大する計画だ。詳細は不明だが、今後はフリマアプリ「メルカリ」との連動も予定しているという。

 「メルチャリ」提供開始に向けて、すでに複数の地方自治体や企業との交渉を進めており、今後は駐輪スペースを貸すパートナーを募集する。

 ソウゾウは2015年9月に設立。コミュニティーアプリ「メルカリ アッテ」や本・CD・DVD専用のフリマアプリ「メルカリ カウル」を運営する。8月にはラグジュアリー商品に特化したフリアマプリ「メルカリ メゾンズ」を始めたばかり。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら