ニュース

メルカリで個人情報流出、5万人以上に影響

 メルカリは22日、一部顧客の個人情報が「メルカリ」上で閲覧できる状態にあったことを発表した。原因はキャッシュサーバー切り替え時の設定ミスで、顧客からの問い合わせによって発覚した。すでに対応は完了している。

 個人情報が閲覧可能状態にあったのはウェブ版のみで、22日の9時〜15時頃の6時間程度。アプリでは問題はなかった。個人情報が閲覧された可能性があるのは障害発生時間内にウェブサイトにアクセスした5万4180人で、名前や住所・メールアドレス・電話番号、銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限、購入・出品履歴、ポイント・売上金、お知らせ、やることリストが閲覧可能状態にあったという。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら