ビジネス

メルカリがスマホ決済に本格参入 全国135万カ所で利用可能

 フリマアプリ大手のメルカリの子会社でスマホ決済サービスを提供するメルペイは、3月中旬からQRコード決済「メルペイ(MERPAY)」を本格的にスタートする。20日に行われた事業戦略発表会では、サービス拡大のためクレジットカード大手のJCBと提携することも明らかにした。

 同社は今月13日に三井住友カードと事業連携し、アップルのiPhone向けに決済サービスを開始。非接触決済サービス「iD」に対応し、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金を、「メルカリ」内での商品購入をはじめコンビニエンスストアやレストラン、ファストフード店など全国約90万カ所の「iD」加盟店で利用することができる。

 今回のJCBとの提携によるQRコード決済の導入では、「iD」加盟店に加えJCBがサポートする加盟店45万カ所でも利用でき、全国135万カ所で「メルペイ」を利用することが可能になる。

 またKDDIとは、キャッシュレスの普及促進のための業務提携を結んだ。KDDIが4月に提供を開始するコードスマホ決済サービス「au PAY」と共にサービス導入を相互に推進していく。「メルペイ」の加盟店の初期導入費用や固定費は無料で、決済手数料も1.5%と店舗側の導入のハードルを下げる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら