ビジネス

「ソニア リキエル」が清算ですって エディターズレターバックナンバー

※この記事は2019年8月9日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

「ソニア リキエル」が清算ですって

 こんなにあっけなくていいのでしょうか?「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」の最後。米「WWD」も長年追い続けていたブランドなのに、惜しむ声すら集めずにあっさりした記事で終了とは。2016年にソニア・リキエルが亡くなった時の方がよほど大騒ぎでしたし、エモーショナルでした。

 「創業者の死と共にブランドが終わっていた」と言われれば決してそうではなく、18年は創立50周年ということで、3月のショーにはバナナラマが登場したし、クチュール期間中にも記念ショーをしたし、10月にはパリの小道が「ソニア・リキエル」と命名されたりと、だいぶ盛り上がっていました。

 そんなアニバーサリーイヤーの翌年に清算って……。

 でもさすがに売上高が11年の半分以下になっていて、赤字は15倍以上に膨れ上がっていたというのですから仕方がないですよね。12年にブランドを買収したファースト ヘリテージ ブランズ(FIRST HERITAGE BRANDS)は一体何をしていたのでしょう?香港の大手商社リー&フォン(LI & FUNG)傘下の投資会社で、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「セリーヌ(CELINE)」で要職を務めたジャン・マルク・ルビエ(Jean-Marc Loubier)氏が社長を務めるという、アジア資本と欧州ラグジュアリービジネスのベテランの強力タッグでしたが、どうやらおよそ2億ドル(約242億円)を「ソニア リキエル」につぎ込んでいたみたいです。それで赤字が膨らんで清算って……。

 私は09年にH&Mが「ソニア リキエル」とコラボした際にパリのイベントを取材したのですが、H&Mの狙いは明らかにフランス市場でした。数少ないパリジェンヌによるパリブランドとして「ソニア リキエル」がフランス人に深く愛されていると実感したことを思い出します。

 「え、なんで?」と思うようなブランドに買い手がつくこともあるのに、あれだけの創業デザイナーレジェンドがあって、ニットというアイコンもあり、パリ左岸サンジェルマン通りの歴史的旗艦店もあったのに、本当にもったいない。「ジャン・パトゥ(JEAN PATOU)」とか「スキャパレリ(SCHIAPARELLI)」のようにいつか復活する日が来るのでしょうか? なんとも残念な結末です。

VIEWS ON WWD U.S.:米「WWD」の翻訳記事から、注目すべきニュースの紹介や記事の面白さを解説するメールマガジン。「WWDジャパン」のライセンス元である米「WWD」は1910年から続くファッション業界専門紙。世界中のデザイナーや企業のトップと強く繋がっており、彼らの動向や考え、市場の動きをいち早く、詳しく業界で働く人々に届けています。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。