ファッション

オロビアンコのイタリア社が清算手続き 日本への影響は?

 日本のビジネスパーソンから人気を集めるバッグブランド「オロビアンコ(OROBIANCO)」のイタリア本社が清算手続きを進めているようだ。同ブランドはジャコモ・ヴァレティーニ(Giacomo Valentini)氏が1996年にミラノ近郊でスタートしたファクトリーブランドで、イタリアのトリコロールカラーのリボンの付いたビジネスバッグが日本のビジネスパーソンから高い支持を受けていた。自社工場も閉鎖すると見られるものの、日本の独占輸入販売権とマスターライセンス権、商標権を取得している伊藤忠商事は「日本でのビジネスに影響はほとんどない」という。関係者によると「以前から供給面で不安視されていたため、日本で販売するアイテムはイタリアの自社工場以外での生産も増やしており、商品供給の面ではほとんど問題はなくなっていた」という。

 伊藤忠は2015年に独占輸入販売権とマスターライセンス権、さらにその後、商標権を取得。現在はバッグに加え、アパレルや時計、服飾雑貨など幅広いアイテムに広げていた。主力のバッグはエースが東京・丸の内と福岡・天神に路面店、インショップなど直営店8店舗を運営しており、百貨店でのコーナー展開や専門店への卸も行っている。エースも「当社では商品生産は行っておらず、販売だけを担っているが、供給も含めビジネスに関してはほとんど影響がないと見ている」とコメントしている。

 伊藤忠が運営している日本の公式通販サイトでも特に告知はなく、通常通りに運営されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら