ファッション

オロビアンコのイタリア社が清算手続き 日本への影響は?

 日本のビジネスパーソンから人気を集めるバッグブランド「オロビアンコ(OROBIANCO)」のイタリア本社が清算手続きを進めているようだ。同ブランドはジャコモ・ヴァレティーニ(Giacomo Valentini)氏が1996年にミラノ近郊でスタートしたファクトリーブランドで、イタリアのトリコロールカラーのリボンの付いたビジネスバッグが日本のビジネスパーソンから高い支持を受けていた。自社工場も閉鎖すると見られるものの、日本の独占輸入販売権とマスターライセンス権、商標権を取得している伊藤忠商事は「日本でのビジネスに影響はほとんどない」という。関係者によると「以前から供給面で不安視されていたため、日本で販売するアイテムはイタリアの自社工場以外での生産も増やしており、商品供給の面ではほとんど問題はなくなっていた」という。

 伊藤忠は2015年に独占輸入販売権とマスターライセンス権、さらにその後、商標権を取得。現在はバッグに加え、アパレルや時計、服飾雑貨など幅広いアイテムに広げていた。主力のバッグはエースが東京・丸の内と福岡・天神に路面店、インショップなど直営店8店舗を運営しており、百貨店でのコーナー展開や専門店への卸も行っている。エースも「当社では商品生産は行っておらず、販売だけを担っているが、供給も含めビジネスに関してはほとんど影響がないと見ている」とコメントしている。

 伊藤忠が運営している日本の公式通販サイトでも特に告知はなく、通常通りに運営されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら