ビジネス

米クレアーズが破産法適用申請 負債は約2000億円

 米クレアーズ ストアーズ(CLAIRE'S STORES INC.以下、クレアーズ)は3月19日、日本の民事再生法に相当する米国連邦破産法第11章の適用をデラウェア州破産裁判所に申請した。4月9日前後に事前交渉再編計画を提出し、9月14日を破産手続きの有効終了日と定めている。クレアーズのスコット・E・ハッキンズ(Scott E Huckins)=エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高財務責任者(CFO)が提出した文書によると、同社の実質負債は19億ドル(約1995億円)だった。なお、同社の推定資産は10億(約1050億円)から100億ドル(約1兆500億円)の間とされており、最大の無担保債権者は、ニューヨーク・メロン銀行(BANK OF NEW YORK MELLON)で2億2150万ドル(約232億円)だ。

 米クレアーズは、ティーンエージャーをターゲットに、低価格帯のアクセサリーチェーン店を運営する。7500店以上を世界45カ国に展開し、そのうち1440店舗が同社の直営。平均売り場面積は92平方メートルで、従業員数はアルバイト6400人を含む1万人で、アメリカとプエルトリコでは姉妹ブランドの「アイシング(ICING)」も展開している。ハッキンズ=エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼CFOによれば「クレアーズは、米国内の主要ショッピングモールの約99%に店舗を構えている」という。なお、米国連邦破産法第11章の適用申請の中に、海外事業は含まれていない。

 日本では大手小売りのイオンが1994年に米国クレアーズ社と50/50でクレアーズ日本を設立。2010年に100%子会社化していた。本国クレアーズとライセンス契約を締結し、現在は全国のショッピングセンターなどで200店舗を展開している。クレアーズ日本によると、「日本の『クレアーズ』はイオンの完全子会社で、現在も通常通りの営業している。商品は一部本国からの仕入れもあるが、本国も引き続き営業は行っており、今のところ影響はない」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら