ファッション

伊藤忠が「ローラアシュレイ」を販売 事業撤退のイオンと入れ替わり

 伊藤忠商事は、英国のライフスタイルブランド「ローラ アシュレイ(LAURA ASHLEY)」の日本市場における独占輸入販売権とマスターライセンス権を取得した。9月18日から百貨店や専門店などを通じて販売する。3年後に売上高(小売りベース)80億円を計画する。

 「ローラアシュレイ」は日本ではイオンが子会社を通じて1986年から百貨店やイオンモールなどのショップで販売してきた。ホームファニシング、家具、婦人服、雑貨まで幅広い商品をそろえ、特に英国ブランドらしい花柄のファブリックが人気だった。しかし近年は販売不振が続いたことからイオンは今年2月、契約満了を迎えるのを機に9月17日までに全国108店舗を閉店し、事業から撤退すると発表していた。17年2月期の売上高は117億円だった。

 発表通り店舗は一旦全てなくなるが、伊藤忠のもとで国内事業の再構築を図る。しばらくは百貨店や専門店への卸売りで展開する。その後、ショップ開発に乗り出し、3年後には10店舗の体制を築く。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら