ニュース

伊藤忠がカナダの「ムースナックルズ」の独占輸入販売権を取得

 伊藤忠商事は、カナダのアウターウエアブランド「ムースナックルズ(MOOSE KNUCKLES)」の日本市場における独占輸入販売権を取得した。インポーターのグルッポタナカが2018年秋冬シーズンから販売する。

 「ムースナックルズ」の原点は、カナダのツウィク(Twik)ファミリーが1921年にスタートした防寒ウエア。2007年に、「最もスリムで、丈夫で、ラグジュアリーなスポーツウエアを世界に届けたい」という思いから、同ブランドを立ち上げた。当初発売したファー付きのダウンパーカとボマージャケットは高い人気を博し、現在でもコアラインとして世界中のファンから愛され続けている。現在は、欧米の大手百貨店や専門店などを中心に、世界約30カ国で販売されるまでに成長した。

 日本市場においては20~40代の男女をターゲットとし、商品価格はダウンアウター(クラシックコアライン)が12万~14万円、トップスが1万4000~3万8000円など。ポップアップイベントの開催やSNSなどでの発信を通してブランドの認知度を拡大し、3年後の売上高20億円(上代ベース)を目指す。

 今秋のポップアップイベントは、伊勢丹新宿本店メンズ館6階(10月24日~30日)、阪急うめだ本店3階コトコトステージ(10月24日~30日)、ギンザ シックス3階イベントスペース(10月24日~11月20日)、阪急メンズ大阪1階イベントスペース(10月31日~11月6日)、阪急メンズ東京4階ガラージュD.EDITプロモーションスペース(11月14日~20日)で開催予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら