ファッション

伊藤忠が「シマロン」の国内マスターライセンス権を取得

 伊藤忠商事は、スペイン生まれのジーンズブランド「シマロン(CIMARRON)」の日本におけるマスターライセンス権を取得した。2018年春夏からカイタックファミリーを通じてライセンス商品を販売する。販路は百貨店やセレクトショップで、主力のストレッチジーンズは7900~1万8000円。5年後には売上高(小売りベース)20億円を計画する。

「シマロン」は1978年にスペインのサエズメリノ(SAEZ MERINO)社によって設立されたジーンズブランド。80年代後半からフランスで人気に火がつき、90年代にはコットン・ストレッチデニムと後染め加工を組み合わせたカラージーンズが日本でもブームを巻き起こした。

 伊藤忠はかつて同ブランドの国内独占輸入販売権を持ち、栄光商事などを通じてインポート商品を売っていたが、06年に契約が終了していた。今回、マスターライセンス権に切り替え、カイタックファミリーの生産網を活用して、日本市場に対応した柔軟な供給体制をとる。伊藤忠の広報担当は「ジーンズで90年代のリバイバルブームが再注目されており、カラージーンズの『シマロン』にもポテンシャルがあると判断した」と説明する。ボトムス以外にもジャケット(1万5000~2万5000円)、シャツ(1万1000~1万6000円)、カットソー(6000~9000円)などを企画する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら