ビジネス

「アキラーノ・リモンディ」の会社が清算

 「アキラーノ・リモンディ(AQUILANO.RIMONDI)」を手掛ける会社、1920が10月9日に任意清算していたことが、ミラノ商工会議所に提出された書類で判明した。トマソ・アキラーノ(Tommaso Aquilano)とロベルト・リモンディ(Roberto Rimondi)がデザインする「アキラーノ・リモンディ」は2月のミラノ・ファッション・ウイーク期間中にランウエイショーや展示会を行わなかった。情報筋は、財政難により同社の従業員12人が解雇されたとしている。なお、電話取材に応じたアキラーノからは清算に関するコメントは得られなかった。

 アキラーノとリモンディの2人は「マックスマーラ(MAX MARA)」でともに経験を積んだ後、2005年にブランド「6267」を設立したが、前ビジネスパートナー企業、キャスター(CASTOR)と係争関係になり同ブランドを去った。08年に2人は「アキラーノ・リモンディ」を立ち上げ、17年3月の時点で、世界の約70店舗で販売していた。

 また2人は、06〜08年にカシミヤブランド「マーロ(MALO)」、08〜11年に「ジャンフランコ フェレ(GIANFRANCO FERRE)」、11年5月〜17年7月に「フェイ(FAY)」と、さまざまなイタリアブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら