ファッション

「フェイ」のクリエイティブ・デュオが退任

 トッズ グループ(TOD’S GROUP)傘下「フェイ(FAY)」のクリエイティブ・デュオ、トマソ・アキラーノ(Tommaso Aquilano)とロベルト・リモンディ(Roberto Rimondi)が退任することが明らかとなった。二人は2011年にジャイルズ・ディーコン(Giles Deacon)の後任として「フェイ」のデザイナーに就任した。

 アンドレア・デッラ・ヴァッレ(Andrea Della Valle)=トッズ・グループ副社長は「わが社を代表して、ブランドの進化に尽力してくれたトマソとロベルトに感謝したい。個人的には、このコラボレーションは両者にとって、とても実りのあるものだと思っている」と語った。

 これに対してアキラーノは「この6年間は貴重な経験だった。認知度向上や商業的成功といった結果が出ている。われわれの退任は円満なもので、終わりは自然とやってきた」と話した。

 「フェイ」は世界進出を進めた結果、16年の売上高が前年比5.3%増の6260万ユーロ(約80億円)の増収だった。

 アキラーノとリモンディによる「フェイ」での仕事は、18年プレ・スプリング・コレクションまで。今後は自身のブランドである「アキラーノ・リモンディ(AQUILANO.RIMONDI)」と17年春にローンチした「アルト(AR.RT)」に注力する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら