ファッション

伝説の時計の復活祝し「カルティエ」が渋谷でパーティー開催 山田優や森星ら業界人が多数来場

 「カルティエ(CARTIER)」は、1980年代に一世を風靡したウィメンズ時計“パンテール ドゥ カルティエ(PANTHERE DE CARTIER)”の復活を祝し、7月12~14日の3日間に渡り、渋谷のトランク ホテル(TRUNK HOTEL)を貸し切りパーティーを開催した。これは、5月にロサンゼルスで開かれたイベントの東京版で、各部屋にそれぞれに異なる演出を用意し1800人を超えるゲストをグラマラスで開放的な世界で迎えた。

 “カルティエ レッド”で染まったバースペースや、緑をたくさん配してマリブの空気を再現したラウンジ、実際に“パンテール ドゥ カルティエ”を試着できるサロンなど。モード誌の表紙でも活躍する写真家の下村一喜が撮影を担当したスタジオコーナーでは、ゲストは“パンテール ドゥ カルティエ”を身に着けてモデル気分を楽しんだ。さらに、シークレットライブも開催し、12日にはCharaが、13日にはCrystal Kayが登場した。

 “パンテール ドゥ カルティエ”は、1983年に誕生。ジュエリーのようなグラマラスでフェミニンなデザインはそのままに、耐久性など機能面を向上し、今年再登場した。6月には映画監督ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)によるショートムービーが公開されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。