ファッション

伝説の時計の復活祝し「カルティエ」が渋谷でパーティー開催 山田優や森星ら業界人が多数来場

 「カルティエ(CARTIER)」は、1980年代に一世を風靡したウィメンズ時計“パンテール ドゥ カルティエ(PANTHERE DE CARTIER)”の復活を祝し、7月12~14日の3日間に渡り、渋谷のトランク ホテル(TRUNK HOTEL)を貸し切りパーティーを開催した。これは、5月にロサンゼルスで開かれたイベントの東京版で、各部屋にそれぞれに異なる演出を用意し1800人を超えるゲストをグラマラスで開放的な世界で迎えた。

 “カルティエ レッド”で染まったバースペースや、緑をたくさん配してマリブの空気を再現したラウンジ、実際に“パンテール ドゥ カルティエ”を試着できるサロンなど。モード誌の表紙でも活躍する写真家の下村一喜が撮影を担当したスタジオコーナーでは、ゲストは“パンテール ドゥ カルティエ”を身に着けてモデル気分を楽しんだ。さらに、シークレットライブも開催し、12日にはCharaが、13日にはCrystal Kayが登場した。

 “パンテール ドゥ カルティエ”は、1983年に誕生。ジュエリーのようなグラマラスでフェミニンなデザインはそのままに、耐久性など機能面を向上し、今年再登場した。6月には映画監督ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)によるショートムービーが公開されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら