ファッション

チョコレート専門店「ル・ショコラ・アラン・デュカス」が日本初上陸 2店舗が都内にオープン

 フランス料理のシェフとして知られるアラン・デュカス(Alain Ducasse)が手掛けるパリ発のチョコレート専門店「ル・ショコラ・アラン・デュカス(LE CHOCOLAT ALAIN DUCASSE)」が3月26日に、国内1号店を東京・日本橋に出店した。

 「ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房」では、東京・銀座のフレンチレストラン「ベージュ アラン・デュカス 東京(BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO)」でシェフ・パティシエの任にあったジュリアン・キンツラー(Julien Kientzler)がシェフ・ショコラティエを務める。

 パリの工房で作られたチョコレート、クーベルチュールを用いた全商品は、単一種のカカオ豆を使用したものをはじめ、バニラやコーヒー、柑橘類やナッツを合わせたものなどさまざまなフレーバーをボンボンやタブレットの形で提供する。その他に焼き菓子やドリンクも用意する。

 日本橋店は1階に工房と物販スペースを併設し、中2階には工房の様子を見ながらショコラを楽しめるイートインスペースを設けた。

 また4月27日には六本木ヒルズに2号店をオープンする予定だ。

■「ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房」
時間:11:00〜20:00
住所:東京都中央区日本橋本町1-1-1
席数:30席

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら