ファッション

仏「ジャン‒シャルル・ロシュー」が日本初上陸 パリで人気の土曜日30個限定ショコラも登場

 パリ発のショコラブランド「ジャン‒シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX)」が1月18日、日本1号店を南青山にオープンする。売り場面積は44.7平方メートル。

 同店では、一つ一つにネーミングされたショコラ14種類が登場。“LOJA(バラ)”や“Caripe(コーヒー)”“Boaco(キャラメルムース)”“Medan(ラム酒)”などに加え、“Louise(バジル)”や“Sanshyo(山椒)”“Novilo(オレンジの木の花)”といった変わり種も用意する。各350円。

 また、ショコラでは珍しい通年で展開する“TRUFFE(トリュフ)”(6個入り680円、32個入り3300円、55個入り5500円)や季節のフルーツを生のまま使った“TABLETTE DU SAMEDI AUX FRUITS FRAIS(フルーツタブレット)”(3300円〜)もそろえる。“フルーツタブレット”はパリ本店同様、毎週土曜日に30個限定で販売する。

 ショコラティエのジャン‒シャルル・ロシューはフランス・リシュリュー生まれ。16歳の時にパティシエ&ショコラティエの修行を始める。18歳でパリのショコラブランド「ラ・プティット・ショコラティエール(LA PETITE CHOCOLATIERE)」に加わる。徴兵制により2年間の兵役を終えた後、フレンチシェフのギー・サヴォワ(Guy Savoy)に師事し、ショコラティエ、ミッシェル・ショーダン(Michel Chaudun)と出会う。彼の元で10年間修行を積み、2004年に独立。パリ6区ボンマルシェ付近のアサス通りに、「ジャン‒シャルル・ロシュー」の店舗を構える。

■ジャン‒シャルル・ロシュー 東京
オープン日:1月18日
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
住所:東京都港区南青山5丁目12-3 NOIRビル1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら