ファッション

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.12 「参加ブランドの新陳代謝を図る施策に期待」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催された。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天にかわって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで「RFWT」開催前にアンケートを実施した。10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は「ロキト(LOKITHO)」「ニアーニッポン(NEAR.NIPPON)」「フミク(FUMIKU)」「アモク(AMOK)」「リベルム(LIBERUM)」が登場。

LOKITHO
木村晶彦デザイナー

 開催時期が3月はいいとしても、10月は遅すぎる。公式会場はもう少し趣のある場所か、もしくはテントでもいいかと思います。

NEAR.NIPPON
深山拓也デザイナー

 現在の開催時期では、売り上げがしっかり取れる展示会時期と合いません。バイヤーもすでに取り引きがあるバイヤーしか来ていない印象があります。

FUMIKU
林史佳デザイナー

 ブランドのファーストコレクションで参加し、知名度が上がりました。東コレを通じてたくさんの方と知り合えたことが私にとって大きな財産です。

AMOK
大嶋祐輝デザイナー

 まだ参加したことはありませんが、東コレでたくさんの先輩を見てこの世界に入ったので思い入れは強いです。ファッションの歴史は更新されていくもの。次の世代が盛り上げ、多種多様な新しい表現を見せてまた次の世代につながないといけません。もし「アモク」が東コレに参加する機会があるならば、そんな役割を担う表現に挑戦したいです。

LIBERUM
光岡慎介デザイナー

 同じ会場ばかりで行われるショーは味気がないです。人気ブランドやアップカミングなブランドがもっとたくさん参加すればバイヤーも来場し、自ずと後継は続くはず。そういう意味で、ブランドの新陳代謝を図る施策に期待しています。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら