フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.10 「海外はみんなでファッション・ウイークを盛り上げていこうという空気感がある」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催された。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天に変わって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで「RFWT」開催前にアンケートを実施した。10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」「モトナリ オノ(MOTONARI ONO)」「ミューラル(MURRAL)」「エフィレボル(EFILEVOL)」「アズマ(AZUMA.)」の5ブランドが登場。

MINTDESIGNS
勝井北斗、八木奈央デザイナー

 若いブランドにとっては国内の一般客をつかめるという点、仕組みを経験できるという点で、東コレはいい機会です。ただ海外に対しての影響力はあまり無いように感じます。自分たちの企画に合う時はぜひとも参加したいです。

MOTONARI ONO
小野原誠デザイナー

 東コレに初めて参加したのが2008-09年秋冬シーズンからでした。当時はデビュー組がたくさんいたり、メディアが前日のコレクション速報を紙面で出したり、盛大なレセプションやアフターパーティーがあったりとお祭りのような感じで、今よりもっと熱量がありました。現在はSNSやネット環境が普及し、コレクションの発表の仕方や発信の仕方が多様化したため、デザイナーも既存のやり方にとらわれない発表方法を模索している最中だと思います。海外のファッションウイークにも何回か参加しましたが、デザイナーやお客さま、メディアも含めてみんなで盛り上げていこうという空気感が日本よりもありました。これからデザイナーを目指したいと思う若者たちが参加したくなるような、ワクワクする雰囲気をみんなで作り出していけたらもっともっとよくなるはず。

MURRAL
村松祐輔デザイナー

 初参加の際には支援枠だったので、会場は無料提供で大変助かりました。ですが、支援枠は当時10時30分ショー開始という時間帯の縛りがあり、一般顧客の誘致など外部へのアプローチに苦労しました。また参加登録料を支払った順番から優先的に希望の発表時間をリクエストできるという仕組みも少し疑問です。参加登録料は少ない金額ではないので、時期やタイミングによっては支払いが難しいブランドもあると思います。先着順ではなくヒアリングを重ねて、そのブランドにあった希望の時間帯、または適正な時間帯を運営側と共に探っていくことも大事なのではないでしょうか。ヒカリエ以外の会場に関しても、選択肢がもう少し増えるとさらにいいと思います。

EFILEVOL
飛世拓哉デザイナー

 参加しない理由は展示会と東コレ開催時期に差がありすぎますし、業界の中にいても東コレ期間中と忘れるほど存在感が薄いからです。

AZUMA.
東研吾デザイナー

 ショーの参加費や会場代などもろもろの費用を考えると、出費に見合った回収が見込めないと考えるブランドが現状はほとんどのはず。将来東コレ参加を目指す若いデザイナーのためにも、クオリティーまでオーガナイズされた支援枠を作ってほしいです。