フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.8 「ショーを行う目的が多様化しているため、全ての面で改革が必要」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催された。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天に変わって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで「RFWT」開催前にアンケートを実施した。10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回はパリのファッション・ウイークに参加している「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」「オーラリー (AURALEE)」に加え、「アキラ ナカ(AKIRA NAKA)」が登場。

BEAUTIFUL PEOPLE
熊切秀典デザイナー

 東コレに何度か参加した感想は、集客面では十分機能しつつも、世界への発信やバイヤー数などを考えると難しい問題もあるという印象です。日本のブランドは、東京で発信することで最大限のビジネスの効果が生まれれば費用対効果も含めてベストではありますが、参加ブランドがショーを行う目的も現在は多様化しているので、全ての面で改革が必要なのかもしれません。

AKIRA NAKA
ナカアキラ=デザイナー

 デビュー後すぐに東コレに参加したため、ブランド認知を高めることができました。その一方、セールス機能を持っていなかったために売り上げにつなげることができず、大きな機会をロスしていたと今は思います。もう少し準備をしてから参加すべきでした。現在は国内でターゲットリテールにほぼつながることができたため、参加したいとは思いません。展示会ベースで買い付けにつなげることもできているので、プロモーションをショーを通じて行う価値を見出せません。

AURALEE
岩井良太デザイナー

 現在は展示会のタイミングと時期が離れすぎているため、現状は参加を検討しづらいです。