フォーカス

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.1 「東コレを『ダサい』で終わらせている時点でブランドにそれ以上の伸び代なし」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催される。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天に変わって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマでアンケートを実施した。「RFWT」開催期間中から10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は、10月11日にオフスケジュールでショーを行った「マラミュート(MALAMUTE)」の小高真理デザイナーと、東京から海外に飛躍した「ファセッタズム(FACETASM)」の落合宏理デザイナーが登場。

MALAMUTE
小高真理デザイナー

 東コレに参加し、ブランドの認知度向上やイメージの確立に役立ちました。ただせっかく参加するのならば、ブランド単体では借りることが出来ない東京ならではの建造物など、メイン会場以外の提案もほしいです。またオーダーの締めや生産、納期のことを考えると少しでも早い方がより参加しやすくなります。

FACETASM
落合宏理デザイナー

 東コレに参加したことで、国内外のさまざまな人に見ていただくことが増え、認知度が上がったことが世界でデビューするきっかけとなりました。中でも、東コレを介してジョルジオ・アルマーニさんの目に留まり、ミラノメンズの公式スケジュールでショーを発表する機会を頂いたことはブランドにとって大きな転機になりました。だから東京でファッションを発表できることは、本当に貴重なこと。ブランドが表現したいことが明確であれば、やり方次第で東京から世界に面白い発信はいくらでもできます。東コレを「盛り上がっていない」や「ダサい」などで終わっている時点で、ブランドにそれ以上の伸び代はないんじゃないかな。