ファッション

「ファセッタズム」が「リーバイス」とコラボ パリメンズのショーで披露

 「ファセッタズム(FACETASM)」は6月19日、「リーバイス(LEVI’S)」とコラボレーションしたカプセルコレクションをパリ・メンズ・コレクションのランウエイショーで披露した。

 「リーバイス」を代表する“501”とトラッカージャケット、ウエスタンシャツの3アイテムをアレンジし、センターのラインを大胆に歪ませた“501”やビッグシルエットのトラッカージャケット、「ファセッタズム」のアイコニックなリブを袖から背中にかけて付けたウエスタンシャツなど合計15型を制作した。サイズはユニセックスで、カラーはインディゴのみ。2020年2月の発売を予定している。

 落合宏理「ファセッタズム」デザイナーは、「サンフランシスコのリーバイス本社で膨大なアーカイブに触れ、長い歴史をもつ『リーバイス』に『ファセッタズム』のフィロソフィーとデザインを重ねることで、僕たちが常に追い求めている新しい価値観を表現することができると確信した。2つのブランドが考える歴史と変化のコントラストをコレクションを通して感じてほしい」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら