ファッション

「ジバンシィ」と「オニツカタイガー」がコラボシューズ ピッティのショーでサプライズ発表

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は、イタリア・フィレンツェで開催中のメンズ見本市ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)において6月12日に行った2020年春夏メンズ・コレクションのランウエイショーで、「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」とのコラボレーションシューズを発表した。ショー翌日の13日に「ジバンシィ」の表参道店と伊勢丹新宿店、梅田阪急店、公式LINEストア、「オニツカタイガー」の表参道店、銀座店、難波店で発売する。価格は6万5000円。

 コラボシューズ“メキシコ 66 TM GDX(MEXICO 66 TM GDX)”は、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)「ジバンシィ」アーティスティック・ディレクターも愛用する「オニツカタイガー」の代表的モデル“メキシコ 66 TM(MEXICO 66 TM)”をベースにしている。カラーはホワイトとブラックの2色で、ヒールフラップには両ブランド名が刻まれている。テーラードを軸にしたスタイルが多数登場したショーの中で、足もとのオニツカタイガーストライプが異彩を放っていた。

 「ジバンシィ」がシューズ発のブランドと協業するのは初めてで、多彩なコラボレーションを行ってきた「オニツカタイガー」もラグジュアリーブランドとタッグを組むのは初となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら