ファッション

「ジバンシィ」と「オニツカタイガー」がコラボシューズ ピッティのショーでサプライズ発表

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は、イタリア・フィレンツェで開催中のメンズ見本市ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)において6月12日に行った2020年春夏メンズ・コレクションのランウエイショーで、「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」とのコラボレーションシューズを発表した。ショー翌日の13日に「ジバンシィ」の表参道店と伊勢丹新宿店、梅田阪急店、公式LINEストア、「オニツカタイガー」の表参道店、銀座店、難波店で発売する。価格は6万5000円。

 コラボシューズ“メキシコ 66 TM GDX(MEXICO 66 TM GDX)”は、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)「ジバンシィ」アーティスティック・ディレクターも愛用する「オニツカタイガー」の代表的モデル“メキシコ 66 TM(MEXICO 66 TM)”をベースにしている。カラーはホワイトとブラックの2色で、ヒールフラップには両ブランド名が刻まれている。テーラードを軸にしたスタイルが多数登場したショーの中で、足もとのオニツカタイガーストライプが異彩を放っていた。

 「ジバンシィ」がシューズ発のブランドと協業するのは初めてで、多彩なコラボレーションを行ってきた「オニツカタイガー」もラグジュアリーブランドとタッグを組むのは初となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。