ファッション

「ジバンシィ」と「オニツカタイガー」がコラボシューズ ピッティのショーでサプライズ発表

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は、イタリア・フィレンツェで開催中のメンズ見本市ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)において6月12日に行った2020年春夏メンズ・コレクションのランウエイショーで、「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」とのコラボレーションシューズを発表した。ショー翌日の13日に「ジバンシィ」の表参道店と伊勢丹新宿店、梅田阪急店、公式LINEストア、「オニツカタイガー」の表参道店、銀座店、難波店で発売する。価格は6万5000円。

 コラボシューズ“メキシコ 66 TM GDX(MEXICO 66 TM GDX)”は、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)「ジバンシィ」アーティスティック・ディレクターも愛用する「オニツカタイガー」の代表的モデル“メキシコ 66 TM(MEXICO 66 TM)”をベースにしている。カラーはホワイトとブラックの2色で、ヒールフラップには両ブランド名が刻まれている。テーラードを軸にしたスタイルが多数登場したショーの中で、足もとのオニツカタイガーストライプが異彩を放っていた。

 「ジバンシィ」がシューズ発のブランドと協業するのは初めてで、多彩なコラボレーションを行ってきた「オニツカタイガー」もラグジュアリーブランドとタッグを組むのは初となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら