ファッション

「オニツカタイガー」が「ストリートファイター V アーケードエディション」とコラボ ゲーム内でも衣装やシューズが着用可能に

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」は、格闘ゲーム「ストリートファイター V アーケードエディション(STREET FIGHTER V ARCADE EDITION)」とコラボレーションしたスニーカー“メキシコ 66 SD(MEXICO 66 SD)”(1万8000円)を7月27日、世界限定5000足を、一部直営店を除く世界のオニツカタイガー直営店で発売する。

 ブランドのアイコンモデル“メキシコ 66 SD”をベースに、ゲームに登場するキャラクター「春麗」の衣装の色、ブルーとイエローをシューズに落とし込み、全2色を用意。アッパーには春麗が着用する衣装の帯模様に用いられているドラゴンのグラフィックをプリント。ヒールフラップには、「オニツカタイガー」と「ストリートファイター」のロゴを刻印している。 サイズは、22.5〜29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cm、31.0cm。

 また同シューズには、ゲーム内で春麗が「オニツカタイガー」オリジナル衣装を使用することが可能となる「プロダクトコードを記載したカードを同封。プロダクトコードを入力すると、オニツカタイガーのオリジナル衣装と今回発売した“メキシコ 66 SD”のシューズを着用した春麗の衣装を選択できる。

 ストリートファイターは、1987年に業務用ゲーム機として発売後、91年に投入した「ストリートファイターII」の対戦システムが話題を呼び大ヒット。2018年には最新作「ストリートファイター V アーケードエディション」を発売し、全世界でシリーズ累計4200万本(2018年9月末時点)の出荷となるなど、今も世界中で人気を博している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら