スナップ

「イッセイ ミヤケ」のショー会場でスナップ 新デザイナーのデビューを見守った“プリーツラバー”たち

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は9月27日、パリで2020年春夏コレクションのショーを開催した。新デザイナー、近藤悟史による初のコレクションということもあり、特に注目度が高かった今季。もちろん会場には「イッセイ ミヤケ」のシグニチャーであるプリーツのアイテムをまとった来場者が集結した。

 多様なカラーのドレスをプレイフルに見せたショーのように、来場者の面々は、人種もファッションのテイストもさまざまだが、それぞれ自身に似合う色やアイテムを取り入れているのが特徴的だ。ただ、若年層の来場者が若干少ない印象。今後、新生「イッセイ ミヤケ」の若年層へのアプローチも期待したい。