ファッション

「エフィレボル」が「令和Tシャツ」を発表 施行日の5月1日に発売

 「エフィレボル(.EFILEVOL)」は1日、新元号「令和」の公表に合わせ「令和Tシャツ」を発表した。新元号・令和の施行日である5月1日から東京・中目黒にあるセレクトショップのビン(BIN)をはじめとした「エフィレボル」取扱店舗で販売を開始する。

 「令和Tシャツ」は、2019年春夏コレクションの展示会時に発表していたもので、その際は前面に「ここに新元号が入ります」と仮で文字が入れられていた。Tシャツ(4800円)とロングスリーブTシャツ(5800円)の2型を用意し、前面のグラフィックが“令和”と“REIWA”の2パターン計4型をラインアップ。全て背面には“Since 2019.5.1 - ”がプリントされ、ボックスシルエットが特徴的な「エフィレボル」のオリジナルボディを使用している。

 田島一寛「エフィレボル」デザイナーは「僕が平成元年生まれだからこそ、元号が変わるタイミングで盛り上げる何かをしたかった。新元号施行日に着てもらえれば嬉しいです」とコメントした。
 
 なお「エフィレボル」は4月15日まで、「平成Tシャツ」の受注販売も受け付け中だ。「令和Tシャツ」と同じく前面に“平成”または“HEISEI”の文字がプリントされ、背面には“Since 1989.1.8 - 2019.4.30”と平成31年の歴史が刻まれている。

[related post="244264" title="「エフィレボル」の阿久津デザイナーが退任 「"馬鹿"はこれからもやり続ける」"]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら