ファッション

「東コレに伝えたい」デザイナーたちの本音 連載Vol.11 「日本のファッション・ウイークもメンズとウィメンズに分ければよいのでは」

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月14〜19日に開催された。冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天にかわって初めてのファッション・ウイークとなるため、関係者からの注目は高い。しかし結局は、人を呼べるブランドが参加しないとファッション・ウイークは盛り上がらない。そこで、海外で活躍する日本人デザイナーや「RFWT」に参加するブランド、新進気鋭の若手らに「どんな東コレだったら参加したい?」というテーマで「RFWT」開催前にアンケートを実施した。10月28日の「WWDジャパン」東京ファッション・ウイーク特集発売の週まで、回答の一部を連載形式で紹介する。今回は「クードス(KUDOS)」「ダイリク(DAIRIKU)」「ジエダ(JIEDA)」「ヨーク(YOKE)」「ブラン ワイエム(BLANC YM)」の新進気鋭5ブランドが登場。

KUDOS
工藤司デザイナー

 会場が基本的にヒカリエであるという時点で、もしショーを行うことになってもそれぞれの個性がうまく打ちだせないかもしれません。また参加費が高額なので、若いブランドは何らかのサポートがない限り参加することは現実的ではありません。ただファッション・ウイークという性質上、誰もが参加できるわけではないという敷居の高さは必要だとも思います。

DAIRIKU
岡本大陸デザイナー

 東コレの公式会場であるヒカリエのブラックボックスでショーを行うことに魅力を感じません。ショーで世界感を出すには自分で場所を選び、ブランドの世界感とシーズンの雰囲気をしっかりと伝えたいと僕は思います。

JIEDA
藤田宏行デザイナー

 現在はパリ・メンズに合わせて展示会を開いているため、東コレの時期にはオーダーを締めています。参加しても、お披露目だけのプレゼンテーションになってしまう。日本のファッション・ウイークもメンズとウィメンズに分けて、時期もパリのスケジュールに近くすればよいのでは。

YOKE
寺田典夫デザイナー

 ショー会場がいつも同じヒカリエでは新鮮さが感じられず、どのコレクションも同じように見えてしまいます。例えば美術館や博物館など、ブランドの個性が表現できるような会場をもっと自由に使用できるようにしてほしいです。また東コレは海外への影響力が弱く、国内だけで終わっているイメージ。ビジネスにつながる海外バイヤーや影響力のあるメディアを招待し、東コレに参加すれば海外にもブランドが広まるようなイメージを作ってもらいたいです。

BLANC YM
宮内祐太郎デザイナー

 今の東コレは開催時期が遅く、参加費用が高いため参加は考えていません。他国のファッション・ウイークと比較しても、参加する意味を見出しにくいです。

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら