ファッション

大自然のパワーを感じた「ヒロコ コシノ」や「アフロマティック トーキョー」など 「WWDJAPAN」が選ぶ東コレ最終日のヒットブランド

 2023年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」(以下、東コレ)が8月29日に開幕した。9月3日までの6日間、国内外のバイヤーやジャーナリストに向けて、全49ブランドがリアルショーやオンライン形式でコレクションを披露する。

 「WWDJAPAN」は今シーズンも、総力をあげて東コレを取材。ここでは、取材班が“イケてる!面白い“と思ったブランドを毎日リポートする。最終日は「コシノヒロコ」「アフロマティック トーキョー」「クードス」「スドーク」をお届け。


東コレ取材は10年目
ファッションリポーター大杉
「ヒロコ コシノ(HIROKO KOSHINO)」

見どころ:東コレの常連で、大御所デザイナーのコシノヒロコ先生が手掛ける「ヒロコ コシノ(HIROKO KOSHINO)」は、動画を通してコレクション発表を続けています。今季のテーマは「ナチュラル ミラクル(Natural Miracles)」。動画はブラックのシックなルックでスタートし、中盤にはそのテーマが色濃く反映されたポップで色鮮やかなルックが登場します。まず目に留まったのは、トロピカルフルーツのモチーフ。不ぞろいのドットは、パパイヤやドラゴンフルーツをほうふつとさせます。また植物などのボタニカルプリントは、シースルー素材に載せて軽やかなドレスとして提案。ブランドの公式インスタグラムには先生のメッセージが記されていました。「人もまた自然界の一部なら、わたしたち自身もミラクルでいよう。極端でいい、個性的であろう。不完全でいい、自由を楽しもう。驚きと輝きに満ちた奇跡の星で自然と寄り添い、生命を謳歌しよう」と。個性を尊重する強さと、凛とした美しさ、自然のエネルギーが感じられるコレクションでした。


東コレ取材5シーズン目
編集部 美濃島
「アフロマティック トーキョー(AFROMATIC TOKYO)」

見どころ:「アフロマティック トーキョー」は、アフリカのアートやクリエイションを発信する新プロジェクト。初回は、寺田倉庫にアフリカ作家の絵画を設置し、会場中央で「オルヴィ トーマス(OLUBIYI THOMAS)」「アイアムイシゴ(IAMISIGO)」「ラブラム(LABRUM)」の3ブランドによる合同ショーを開催しました。個人的ヒットは「ラブラム」。細やかな手仕事が伝わるテキスタイルやユニークな柄、青や緑など鮮やかな色を武器にしながら、ソリッドなテーラードスタイルで純粋にカッコよかった!デザイナーのフォディ・ダンブヤ(Foday Dumbuya)は、ロンドン・ファッション・ウイークの若手育成プログラム「ニュージェン(NEW GEN)」にも選ばれているそうで、納得のクリエイションです。今シーズン最後のリアルショーということで疲労感もありましたが、軽快なウエアと音楽で、疲れが吹っ飛びました。


東コレ初参加
ソーシャルエディター浅野
「クードス(KUDOS)」「スドーク(SODUK)」

見どころ:2017年にスタートした工藤司による「クードス(KUDOS)」「スドーク(SODUK)」は、文化庁が主導する、日本の芸術文化の振興を図る“日本博”の施策で初の単独ランウエイショーを開催。コレクションのテーマは30以上のキーワードで構成されており、工藤デザイナーの故郷である「okinawa」や、「lonely」「gay marriage」「zig zag」「you are just beautiful」などから、コレクションに込められた思いや着想源などが読み取れます。ショーではモデルが観客席の間を縦横無尽に歩いて観客と混然一体になり、その演出も単語の集合体であるテーマのイメージと重なります。異素材とドッキングしたシャツやアシンメトリーなシルエットのジャケットなど、日常的なアイテムにひと癖加えたデザインが印象的でした。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。