ファッション

「クードス」工藤司の個展 “しあわせななにか”を写真と映像で表現

 ファッションブランド「クードス(KUDOS)」のデザイナーで写真家としても活動する工藤司の個展“something about happiness(しあわせななにかについて)”が西新宿五丁目のギャラリー、ヘットラボアトリエムで開催中だ。工藤が撮影した写真と映像作品の展示のほか、鏡や水槽などを用いた空間作品を体感できる。

 初日の6月15日にはオープニングパーティーを開き、モデルによるプレゼンテーションを披露した。“your distance moved me to tears...but not really.(あなたとの距離に涙がこみ上げる……まさかね)”の刺しゅうを入れた巨大なシャツをまとったモデルがゆっくりと回転。壁にはそのセンチメンタルな詩とリンクする写真を、足元には涙の形をしたクッキーを並べた。

 工藤は「5行ほどの詩が思い浮かび、作品に広げていった。テーマは”しあわせななにかについて”だが、実は作品自体にはハッピーな要素はない(笑)。辛いことがあっても日常のささいな出来事から見つけられるハピネスを展示を通して感じてもらえたら」といい、今後も「服以外でも表現することに向き合っていきたい」と語った。

 期間中には「クードス」のウエアを数点展示販売するほか、限定アイテムとして、フロッピーディスクを刺しゅうしたTシャツ(1万円)も用意している。

 工藤は1987年生まれ。早稲田大学を卒業後、アントワープ王立芸術学院に進学。中退後パリにて「ジャックムス(JAQUEMUS)」でデザインアシスタント、「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」でパターンアシスタントを経験した。2017年4月に帰国後にユニセックスの「クードス(KUDOS)」、ウィメンズに特化した2018年に「スドーク(SODUK)」をスタートさせ、デザインだけでなく、ルックの撮影やスタイリングも自身で手掛けている。17年末には代官山 蔦屋書店で写真展を開催した。

■"something about happiness"
期間:6月15~23日
時間:火・木・金曜日は15:00~20:00/土・日曜日は13:00~19:00/木曜日はアポイントメント制
休廊:月・水曜日
会場:ヘットラボアトリエム
住所:東京都新宿区西新宿5丁目16−2

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら