ファッション

「クードス」の工藤司が出版事業をスタート フィッシュ・チャン初の写真集を発売

 ファッションブランドの「クードス(KUDOS)」を手掛ける工藤司は、出版事業としてツカサ クドウ パブリッシング(TSUKASA KUDO PUBLISHING)を開始し、写真家のフィッシュ・チャン(Fish Zhang)による初の写真集「TANG TAO by Fish Zhang」を11月20日に発売した。

 同書は 2019 年 4 月に香港を舞台にストリートキャスティングした女性モデルが「クードス」の服を着用した写真で構成している。ブランドが数シーズン、ベースにしてきた「物事を一方向から見ることをしない」という考え方のもと、女性モデルがメンズウエアを着用した。序文を編集者で2人と親交の深い山﨑潤祐、書籍のデザインを「ウェル(WELL)」の村尾雄太が担当した。500部の限定発行で価格は3500円。

 ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)内の書籍スペース、ビブリオテカ(BIBLIOTHECA)と代官山 蔦屋書店ではフィッシュ・チャンのサイン入り写真集を限定販売する。購入者にはツカサ クドウ パブリッシングのトートバッグをプレゼントする。

 フィッシュ・チャンは1991年、中国・深圳市生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(London College of Fashion)でファッションジャーナリズムを学び、2014年に東京を拠点に移す。16年に友人で写真家のレン・ハン(Ren Hang)の影響で写真を始め、ファッションフォトグラファーとして活動をスタート。映画などから着想を得た独特の構図や色彩感覚、ストロボを多用したエロティックでシュールな世界観を得意とする。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら