ファッション

そごう・西武がオーガビッツとオーガニックコットンTシャツ販売 「ビューティフルピープル」など10ブランドが参加

 そごう・西武はオーガニックコットンの普及に取り組むオーガビッツプロジェクトと共同で、オリジナルデザインのオーガニックコットンTシャツの受注販売を実施する。

 デザインは「ミュベール(MUVEIL)」「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」「サポート サーフェス(SUPPORT SURFACE)」など、同プロジェクトに賛同する10の日本ブランドが手がけた。ファッションブランドのほかにも日本酒・焼酎醸造所も参加し、それぞれサステナブルな地球環境実現に向けたメッセージをTシャツにのせた。

 商品は売れ残りによる廃棄削減を目指して完全受注生産となる。受注期間は4月20日~5月20日で、西武池袋本店や渋谷店、そごう横浜店などで受け付ける。なお、商品の受け渡しは7月13日以降となる。価格は5500円。また、クラウドファンディングサービスの「マクアケ(MAKUAKE)」では3月31日~4月17日に先行予約を受け付ける。売上金の一部は、海洋生物および海浜環境の保全活動を推進するブルーオーシャンプロジェクトと、オーガニックコットンの普及活動のために寄付される。

 オーガビッツプロジェクトは豊島が2005年に始めたプロジェクトで、世界中の綿花のうちオーガニックコットンの割合を10%まで上げることを目標に活動している。

 同プロジェクトのアンバサダーには、「しいたけ占い」のキャラクターデザインで知られるアーティストのタロアウト氏を起用。同氏は「1人で100を達成するのでなく、1人が1でそれを100人で達成する100の方が、より多くの人にとってハッピーだと思う。このプロジェクトを通して、デザイナーやブランドのデザインが好きということがきっかけとなってみなさんの1を達成できるのでは、と期待している」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら