ファッション

ジャパンデニムが「ギンザ シックス」に旗艦店 16ブランド、35アイテムを販売

 セレクトショップのパリゴを運営するアクセ(広島、高垣圭一朗社長)は3月5日、ジャパンデニム(JAPAN DENIM)の旗艦店を「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の4階にオープンする。面積は約55平方メートル。

 「08サーカス(08SIRCUS)」「アンドイエロー(AND YELLOW)」「チノ(CINOH)」「コーヘン(COOHEM)」「クルニ(CULLNI)」「エズミ(EZUMI)」「クロ(KURO)」「ロキト(LOKITHO)」「マーカ(MARKA)」「マーカウェア(MARKAWARE)」「ミュベール(MUVEIL)」「フィーニー(PHEENY)」「レッドカード(RED CARD)」「リプレイ(REPLAY)」「ウジョー(UJOH)」「ヤヌーク(YANUK)」の16ブランドを扱い、メンズ・ウィメンズ合わせて35商品を販売する。

 ジャパンデニムは2019年にスタート。デニムの産地、広島県福山市、岡山県井原市を中心とする備中・備後地域で生産される生地に、高い技術力を持つ縫製・加工技術者とデザイナーの感性を組み合わせ、世界に向けて発信するデニムプロジェクトだ。エコフレンドリーな施策にも積極的で、サプライチェーン全体で2030年までにCO2排出の50%を削減、50年までにゼロとすることを目標とする。

■ジャパンデニム
オープン日:3月5日
場所:「ギンザ シックス」4階
住所:東京都中央区銀座6-10-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら