ファッション

ジャパンデニムが「ギンザ シックス」に旗艦店 16ブランド、35アイテムを販売

 セレクトショップのパリゴを運営するアクセ(広島、高垣圭一朗社長)は3月5日、ジャパンデニム(JAPAN DENIM)の旗艦店を「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の4階にオープンする。面積は約55平方メートル。

 「08サーカス(08SIRCUS)」「アンドイエロー(AND YELLOW)」「チノ(CINOH)」「コーヘン(COOHEM)」「クルニ(CULLNI)」「エズミ(EZUMI)」「クロ(KURO)」「ロキト(LOKITHO)」「マーカ(MARKA)」「マーカウェア(MARKAWARE)」「ミュベール(MUVEIL)」「フィーニー(PHEENY)」「レッドカード(RED CARD)」「リプレイ(REPLAY)」「ウジョー(UJOH)」「ヤヌーク(YANUK)」の16ブランドを扱い、メンズ・ウィメンズ合わせて35商品を販売する。

 ジャパンデニムは2019年にスタート。デニムの産地、広島県福山市、岡山県井原市を中心とする備中・備後地域で生産される生地に、高い技術力を持つ縫製・加工技術者とデザイナーの感性を組み合わせ、世界に向けて発信するデニムプロジェクトだ。エコフレンドリーな施策にも積極的で、サプライチェーン全体で2030年までにCO2排出の50%を削減、50年までにゼロとすることを目標とする。

■ジャパンデニム
オープン日:3月5日
場所:「ギンザ シックス」4階
住所:東京都中央区銀座6-10-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。