ファッション

「ギンザ シックス」が今春リニューアル 祐真朋樹や干場義雅監修のブランドなど19店舗がオープン

 銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」は今年4月20日に開業5周年を迎え、リニューアルを行う。「“ここにしかないもの、ここでしか味わえない体験”をさらに追求する」として、4、5階を中心に19店舗をオープンする。

 2階の中央吹き抜け下には、期間限定で「ディオール(DIOR)」が出店する(3月1日)。5階では、祐真朋樹をクリエイティブディレクターに迎えてリブランディングした「ランバン コレクション(LANVIN COLLECTION)」(メンズ)が2月10日、干場義雅がクリエイティブディレクターを務める「ケースリービー(K-3B)」が3月2日、渡辺産業のメンズストア、ブリティッシュメイドが2月中にオープンする。

 4階では2月9日に「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」と、“ファッション×フラワー×アート”をコンセプトとするキュレーション型セレクトショップのヒューエルミュージアムの2店舗が、3月5日にジーンズ16ブランドを集積したジャパンデニムが開店する。

 3階には「アミ パリス(AMI PARIS)」(3月1日)、地下1階にはフランスのフレグランスブランド「アンリ・ジャック(HENRY JACQUES)」(2月1日仮)、地下2階には野菜スイーツの麻布野菜菓子(3月1日の予定)、紅茶ブランドの「ティーフォルテ(TEA FORTE)」(3月上旬)、キャラメルシフォンケーキ専門店のマーサー ビス ギンザ(3月10日の予定)が続々オープンする。

 「ギンザ シックス」は2021年に開業以来の大規模リニューアルを行い、「グッチ ウォッチ&ジュエリー」や「ザ・ロウ(THE ROW)」「ゲラン(GUERLAIN)」など40テナント以上を誘致した。これにより、「国内の20~30代客が増加した」という。


【WWDJAPAN Educations】オンラインセミナー案内


お申し込みはこちら

小売業の進む方向を、先進事例から解説
米国・中国・欧州の最新リテール事情 ファッション&ライフスタイル販売戦略のヒント
受講日時:2022年1月21日(金)、28日(金)、2月4日(金)

生活スタイルや意識の変化もあって、コロナ前からの潮流だった消費のデジタルシフトが加速。小売各社はOMO(オンラインとオフラインの融合)を軸に、新しいビジネスモデルの構築を急いでいます。

本セミナーでは、小売業の進む方向を、米国・中国・欧州の3エリアの先進事例から解説します。巨大企業やスタートアップ企業が入り混じってダイナミックなDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める米国、ライブコマースやAI(人工知能)を駆使した独自の変革を遂げる14億人市場の中国、リニューアルや新施策で実店舗の価値創造に取り組む欧州を、現地駐在の専門家らが詳しく解説します。

※全受講および第1回のお申込みは、1月20日(木)12時で締切となります
※第2回単発受講は1月27日(木)12時、第3回は2月3日(木)12時をもって受付終了となります

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら