ファッション

「シャネル」が“赤”をテーマにした時計コレクションを発表

 「シャネル(CHANEL)」は、メゾンの5つのシグネチャーカラー(ホワイト、ブラック、レッド、ベージュ、ゴールド)の一つである“レッド”をテーマとした限定時計コレクション“レッド エディション”を発表した。1月12日に受注を開始する。

 同コレクションは、サファイアクリスタル製のケースやブレスレットを備えた“J12 X-RAY レッド エディション”(世界限定12本、税込8723万円)、18Kベージュゴールドケースの“ボーイフレンド スケルトン レッド エディション”(同10本、1870万円)、“ボーイフレンド スケルトン X-RAY レッド エディション”(同100本、1122万円)の3本からなる。いずれもバゲットカットのルビーを5~92個レイアウトする。

 ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)が、「悲しいときにはルージュをまとって挑みなさい」と語ったように、自信や存在感を高め、装いにアクセントを添える赤は「シャネル」にとって欠かせない色だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら