ファッション

「シャネル」のセラミック時計“J12”が、“何も変えない大リニューアル”⁉︎

 「シャネル(CHANEL)」は現在開催中のスイスの国際時計・宝飾展バーゼル ワールド(BASEL WORLD)で、2000年に誕生し、20年目の節目を迎える“J12”を刷新した。00年にブラック、そして03年にホワイトを発売して以来、メゾンの時計ビジネスの中核を担う人気セラミック時計だ。

 38mm径の時計からスタートした新“J12”は、パーツの70%を改良。ゆえに生産ラインにも大幅な変更が必要だが、一見しただけではこれまでの“J12”との違いはわからない。一目で違うとわかるのは、ケースバックをオープンにして、中のムーブメントを見えるようにした点くらい。しかし文字盤内の「AUTOMATIC」や「SWISS MADE」の文字を「CHANEL」のロゴと同じ書体に変えたり、ベゼルの外周の刻みを30から40に変えたり、りゅうずの大きさを約2/3に小さくしたり、時針や分針の幅をそろえ夜光塗料のスーパールミノヴァを塗布したり、ブレスレットのリンク(コマ)をやや長くしたりと改良ポイントは多岐にわたる。けれど、全体の印象はほとんど変えない。新旧2つの“J12”を並べると、ようやく気づくことができるほどだ。

 「シャネル」は、ツイードのジャケット、キルティングバッグの“マトラッセ”、それに香水の“No.5”などで、“印象はほとんど変えない大リニューアル”を何度か行なっている。すでに完成されたデザインゆえ大幅刷新の必要はないが、時代とともに生産工程の技術などは進化している。「シャネル」は、これらを柔軟に取り入れるため、また、遺産を現代から未来につなげるため、“変えない変革”を続けてきた。今回の“J12”も、そんなメゾンの姿勢に準ずるものだ。新たな“J12”は6月発売、63万2000円の予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら