ファッション

シャネルがスイスの高級腕時計部品メーカーの株式を取得 新作ウオッチをバーゼルに出品

 シャネル(CHANEL)が、スイスの高級腕時計部品メーカーのケニッシ(KENISSI)の株式を取得した。株式数や金額などは明らかにしていない。ケニッシは精巧な自動巻きムーブメントを製造しており、シャネルはそれを使用した新作ウオッチを3月21~26日に開催される世界最大の時計・宝飾の合同展示会「バーゼルワールド(BASEL WORLD)」に出品する。

 シャネルは以前から高級腕時計メーカーに投資しており、11年にローマン ゴーティエ(ROMAIN GAUTHIER)の、18年9月にモントル ジュルヌ(MONTRES JOURNE)の株式を取得している。

 スイス時計協会のレポートによれば、18年11月における3000スイスフラン(約33万円)以上の高級腕時計の輸出額が前年同月比8.4%増となった一方で、200~500スイスフラン(約2万2000~5万5000円)の手頃な価格帯の製品の輸出額は同13.6%減となっている。クリスチャン・ヴァイツ(Christian Weiz)=バーダーへルビア(BAADER HELVEA)証券会社アナリストは、こうしたレポートは高級腕時計の売り上げが引き続き好調であることを示していると語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら