ファッション

シャネルがスイスの高級腕時計メーカーの株式を少数取得 高級ウオッチブランドの地位を強固に

 シャネルは、ジュネーブを拠点とする高級腕時計メーカーのモントル ジュルヌ(MONTRES JOURNE)の株式を少数取得したと発表した。取得額など詳細は明らかにしていない。

 シャネルはこれまでも1998年にベル&ロス(BELL & ROSS)、2011年にローマン ゴティエ(ROMAIN GAUTHIER)の株式を取得しているが、その目的は「クリエイションに対する価値観をシャネルと共有し、かつノウハウを持つこれらのウオッチメーカーが、その技術を守り、発展させ、独立したビジネスを継続するための支援」としている。今回の株式取得についても、モントル ジュルヌが「独立性を保ちつつ発展を続けることが可能になる」と発表している。

 モントル ジュルヌの創業者であるフランソワ・ポール・ジュルヌ(Francois-Paul Journe)は、1982年に最初の腕時計をパリで製造。99年から「フランソワ ポール・ジュルヌ(F.P. JOURNE INVENIT ET FECIT)」の名で、ムーブメントやケースなどの開発から製造、販売まで自社で行っている。その希少性を維持するため、1年の製造本数は900本に限定。世界中の腕時計コレクターの憧れのブランドであり、「ジュネーブ・ウオッチ・メイキング・グランプリ」の最高賞である金の針賞を3度受賞している。また直営ブティックの1号店を2003年に東京・青山に開き、17年に9店舗目をウクライナ・キエフにオープンしている。

 腕時計業界の景気の羅針盤と言われるスイス製の高級時計の輸出量は、アジア地域の需要の増大によりこの数カ月勢いよく伸びている。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。