ファッション

「シャネル」が新作ウオッチを音・カラー・デザインで披露 6月29日22時からはJ-WAVE内で放送も

 「シャネル(CHANEL)」は6月28日、時計“シャネル エレクトロ カプセル コレクション”を世界同時発売し、これに先駆けた24日、東京・原宿のウィズ ハラジュク ホールで発表会を行った。本カプセルコレクションは、1980~90年代のエレクトロカルチャーに着想を得たもので、“ジェイトゥエルブ(J12)”や“プルミエール”、“コード ココ”“ボーイフレンド”といったブランドを代表する時計を、エレクトロなネオンカラーで再提案している。価格は70万9500~180万4000円。

 「シャネル」は発売に合わせて、フレンチエレクトロブームをけん引したエド バンガー レコーズ(ED BANGER RECORDS)とコラボレーション。“FROM MIDDAY TO MIDNIGHT(正午から真夜中まで)”をテーマにしたエレクトロミュージック6曲のプレーリストを作成し、21日からスポティファイ(Spotify)とアップル ミュージック(Apple Music)で公開している。会場ではこの6曲も、DJを務めたマドモアゼル・ユリアやセイホー(Seiho)によってプレーされ、女優の佐久間由衣、モデルの宮沢氷魚、女優の夏子、バレエダンサーの飯島望未など「シャネル」と親交の深いゲストが来場した。

 発表会の様子は29日、ジェイウェイブ(J-WAVE)の番組「ソナー ミュージック(SONAR MUSIC)」(22:00~24:00)内で放送される。ナビゲーターのあっこゴリラによるイベントリポートや、DJを務めたセイホーがゲスト出演する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。