ビジネス

ストリートカルチャー誌「オーリー」編集長交代 後任は「ワープ」や「オーリー」の元編集長

 ミディアムが発行するストリートカルチャー誌「オーリー(Ollie)」の鈴木悠介編集長が、10月12日発売の11月号をもって退任する。後任には遠山展行氏が新編集長に就任する。

 遠山新編集長は1973年生まれ。フリーランスのファッションライターを経て、「オーリー」や「ワープ・マガジン・ジャパン(WARP MAGAZINE JAPAN)」の編集長などを歴任。2015年にはミドルエイジの男性向けスタイル&カルチャー誌「ボイド(VOiD)」を創刊。現在はファッション誌や広告、カタログなどを制作するプロダクション、プラスチップの代表を務める。

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら