ビジネス

ストリートカルチャー誌「オーリー」編集長交代 後任は「ワープ」や「オーリー」の元編集長

 ミディアムが発行するストリートカルチャー誌「オーリー(Ollie)」の鈴木悠介編集長が、10月12日発売の11月号をもって退任する。後任には遠山展行氏が新編集長に就任する。

 遠山新編集長は1973年生まれ。フリーランスのファッションライターを経て、「オーリー」や「ワープ・マガジン・ジャパン(WARP MAGAZINE JAPAN)」の編集長などを歴任。2015年にはミドルエイジの男性向けスタイル&カルチャー誌「ボイド(VOiD)」を創刊。現在はファッション誌や広告、カタログなどを制作するプロダクション、プラスチップの代表を務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら