ビジネス

無印良品が食にフォーカスした新店を京都にオープン 地元商材を豊富に扱う

 「無印良品」を運営する良品計画は、京都・山科に生鮮商品を販売する大型店を11月1日にオープンする。場所はJR山科駅前のラクト山科ショッピングセンターの地下1〜2階で、売り場面積は約3900平方メートル。食にフォーカスした大型売り場を設け、野菜や肉、魚、惣菜、グロサリーなど食に関する商材全般をそろえる。地元の企業や生産者と協業し、京都で生産・加工された商材も扱う。食以外は標準的な品ぞろえとなる。

 原料を吟味し、たんねんに焼き上げる地元のベーカリーや菓子店、生産者自らが立ち上げた飲食店や惣菜店などをピックアップする。「地元の商材の魅力をわれわれ独自の視点で見出し、地元住民の役に立つ売り場をつくる。お客さまと生産者の間に信頼や交流を生み出だし、山科地区を盛り上げたい」と同社。

 売り場のコンセプトは「食べる・見つける・買う」。単に幅広い商材を扱うだけでなく、商材の特徴を担当スタッフ自らが取材し、発信することで、暮らしの中心となる“食”の価値を問い直す。

 なお、生鮮食品を販売する大型売り場を備えるのはイオンモール堺北花田店(18年3月オープン)に次ぐ2店舗目。出店先は大丸山科店の跡地(3月31日閉店)だ。

■無印良品 京都山科店
オープン日:11月1日
時間:10:00〜20:00
場所:ラクト山科ショッピングセンター地下1〜2階
住所:京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら