ニュース

大丸松坂屋百貨店 大丸山科店を閉店

 大丸松坂屋百貨店は、京都市山科区の大丸山科店を2019年3月末で閉店する。「経済環境の変化と競合激化が進む中、業績改善が困難である」ことがその理由。従業員8人は配置転換で雇用を継続するという。同社は京都市内に大丸京都店も構えている。

 大丸山科店は1998年10月に開業。3層の作りで、売り場面積は5403平方メートル。地下1階と1階が食品、2階が婦人服や化粧品で、「シューラルー」(ワールド)、「エニィスィス」(オンワード樫山)などが入店している。18年2月期の総額売上高は37億7400万円、営業損益は1億400万円の赤字だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら