ビューティ

資生堂が「トリー バーチ」のビューティアイテムの取り扱い開始

 資生堂は8月7日、トリーバーチ(TORY BURCH LLC)とグローバル独占ライセンス契約を締結した。「トリー バーチ(TORY BURCH)」のフレグランスを中心とするビューティカテゴリーの商品を開発、生産、販売する。2020年1月1日から事業活動を始める。米国やアジアの直営店と百貨店、トラベルリテール、公式オンラインで展開する。現時点では日本での販売はなく今後検討していく。

 同社はグローバルプレステージ領域において「トリー バーチ」を加えることでより、ブランドポートフォリオを強化し、さらなる成長を加速させる。現時点はフレグランスのみを展開し、「スキンケアやメイクアップなどの開発については今後検討する」と同社広報担当は述べる。

 「トリー バーチ」はトリー・バーチ(Tory Burch)会長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのグローバルな美的感覚とライフスタイルを体現して2004年にスタートした、米国を拠点とするライフスタイルブランド。ビューティアイテムのほか、洋服や靴、ハンドバッグ、アクセサリー、時計、ホームウエアなど幅広いカテゴリーの商品を北米や中東、アジアを中心に展開する約250店の「トリー バーチ」直営店、世界の百貨店約3000店、公式オンラインストアで販売している。ビューティアイテムは11年にエスティ ローダー カンパニーズと提携し、フレグランスやカラーメイク、バス&ボディー製品を展開していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら