ファッション

【2023年】干支のウサギがモチーフのキュートなアイテムが続々登場 「ルイ・ヴィトン」「ロエベ」「グッチ」など約20ブランド(※随時更新)

 2023年の干支である卯(うさぎ)にちなんで、各ブランドからウサギをモチーフにしたアイテムが続々と登場している。アイテムはウサギの姿を描いたものから、にんじん柄やファーをウサギに見立てたデザイン、さらには世界的に知られるキャラクターとのコラボまでさまざまだ。この記事では、バリエーション豊かなウサギアイテムを紹介。新年の景気づけにウサギアイテムを身に着ければ、ウサギのように軽やかなスタートダッシュを切れるかも?

※情報は全て1月4日現在のものです。
販売状況は各商品ページをご確認ください。


「ロエベ」

 「ロエベ(LOEWE)」は、日本に1号店をオープンした1973年から今年で50周年を迎える。そのアニバーサリーキャンペーンの一環で、ウサギにちなんだカプセルコレクションを発売した。コレクションでは、ウサギをかたどった“バニーバッグ”(24万5300円税込、以下同)や“バニー バケットバッグ(ラフィア&カーフ)”(13万5300円)、Tシャツ(6万9300円)、スエットシャツ(10万6700円)などをラインアップする。さらに、“バニー キャンドル(BUNNY CANDLE)”を世界の店舗とパフュームのオンラインサイトで1月5日から順次販売し、日本では2月1日から販売する。価格は税込2万8600円。ホワイトチョコレート、ライス、キャラメル、バニラ、クリームのソフトなグルマン系の甘い香りが特徴だ。


「バーバリー」

 「バーバリー(BURBERRY)」は創業者のイニシャルを取ったTBモノグラムを卯年用にアレンジしたカプセルコレクションを発売。ウサギの耳がついた子ども用キャップのほか、ウィメンズとメンズでは黒や薄いピンク色を使ったイラストタッチのモチーフを取り入れた。


「ジル サンダー」

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」は1月14日、卯年コレクションを発売する。草木の間を走るウサギのアートワークが特徴で、色使いでもグリーンやブラウンなど自然を意識する。価格はブルゾンが48万1800円(税込、以下同)、ポーチが7万4800円〜、スカーフが5万5000円など。


「マルベリー」

 「マルベリー(MULBERRY)」は、卯年を記念してディック・ブルーナ(Dick Bruna)によるウサギのキャラクター“ミッフィー”とコラボしたカプセルコレクションを1月18日に発売する。ストラップにミッフィーをあしらったバッグや、フラップの後ろからミッフィーが顔を覗かせる財布などをラインアップする。また、同コレクションを披露するポップアップストアを1月18〜24日の期間、伊勢丹新宿本店にオープンする。同店限定の商品(8万850円〜税込)も販売し、バッグ購入者にはトートバッグをプレゼントする。


「モスキーノ」

 カートゥーンキャラクターのバッグス・バニーとコラボレーションしたコレクションを発売した「モスキーノ(MOSCHINO)」。アメリカを代表するポップカルチャーを取り入れたアクセサリーやアパレルアイテムで卯年を祝った。


「チャールズ&キーズ」

 「チャールズ&キース(CHARLES & KEITH)」は卯年を祝して、ディズニー映画「ズートピア」の主人公である新米警官のウサギ、ジュディ・ホップスをフィーチャーした“ディズニー ズートピア コレクション”を発売した。価格はバッグが1万4900円〜(税込、以下同)、シューズが1万2900円〜など。バッグではホップスが好きなライラックカラーを展開し、シューズにはメタル製のウサギの耳型バックルを付けた。チェーンにホップスの好物のドーナツやニンジンをあしらったバッグや、ミニポーチを付けたブーツなど、遊び心あふれるデザインが特徴だ。


「オニツカタイガー」

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」は卯年を記念して、アイコンスニーカーの“メキシコ 66”から特別なモデルを発売した。価格は1万5400円(税込、以下同)。“オニツカタイガーストライプ”に沿って、ウサギをイメージした“ふわもこ”ディテールを配したデザインが特徴で、キッズ用(6600円〜)も用意する。また、インソールやシューボックスには“2023”の文字をプリントする。


「ディオール」

 「ディオール(DIOR)」は、プレイフルで童心をくすぐるウサギモチーフのメンズアイテムを発表。ゲストデザイナーである「ERL」のイーライ・ラッセル・リネッツ(Eli Russell Linnetz)とコラボし、ふわふわの素材をウサギ形にした飾りをあしらったポロシャツやバルミューダショートパンツなど、スポーティーなアイテムをそろえた。


「トリー バーチ」

 「トリー バーチ(TORY BURCH)」はうさぎの形をしたバッグに加えて、赤と黒、白をキーカラーにしたアパレルも発売した。ほかにも、Tモノグラムでデザインしたバッグやウォレットなども登場。ウサギはピクセル風にデザインされている。


「モンクレール」

 「モンクレール(MONCLER)」は1988年に公開されたディズニー映画のキャラクター、ロジャー・ラビットとコラボレーション。アンバサダーを務める王一博(ワン・イーボー、Wang Yibo)が登場するキャンペーンも撮り下ろした。


「マーク ジェイコブス」

 「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」は、ウサギをモチーフにした“ルナ ニューイヤー(LUNAR NEW YEAR)”シリーズを発売した。同シリーズではアイコンバッグ“ザ トート バッグ(THE TOTE BAG)”(7万1500円)と、“ザ スナップショット(THE SNAPSHOT)”(6万7100円)をそろえる。いずれも、ウサギをイメージした毛足の長いポリエステルエコファー使いが特徴だ。“ザ トート バッグ”はボディー全体にエコファーを配してぬいぐるみのように仕上げ、“ザ スナップショット”はストラップにエコファーを用いた。


「ルイ・ヴィトン」

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ウサギをモチーフにした新作小物を発売した。ニットキャップ(6万8200円)にはストールを巻いたウサギのレザーパッチをあしらい、シルク製スカーフ(4万6200円)には「ルイ・ヴィトン」のハンドバッグを持ったウサギをデザインした。


「グッチ」

 「グッチ(GUCCI)」は、ウサギをテーマにしたカプセルコレクションを発売した。同コレクションではニットやTシャツ、ローファー、時計にウサギをデザインしたほか、アイコンバッグもウサギをイメージした限定アレンジで登場している。アイテムは一部の店舗で取り扱い、取扱店ではウサギのスプレーペイントがウインドーを彩る。


「ロンシャン」

 「ロンシャン(LONGCHAMP)」はウサギをモチーフにした限定デザインの“ル プリアージュ(Le Pliage)”を発売した。バッグにデザインしたのは、ウサギの好物であるにんじん柄や、“ル プリアージュ”をくわえたウサギのレザーバッジなど。価格は2万2000円から。ウサギのキーリング(1万7600円)も販売している。


「スウォッチ」

 「スウォッチ(SWATCH)」は、ウサギをモチーフにした時計を発売した。カラーは赤と金の組み合わせで、時針と分針、さらに遊環(ストラップループ)がウサギの耳になっている。価格は1万3530円。「スウォッチ」は、干支を題材にした時計を1999年から発売している。


「ジェラートピケ」

 「ジェラートピケ(GELATO PIQUE)」は、マッシュホールディングスのオンラインストア、「ウサギオンライン」限定のルームウエア2型を発売した。アイテムは、ワンピース(8800円)と、ルームウエアの上下セット(1万4300円)。どちらも、ふんわりとした心地良い肌触りが特徴の素材“パウダー”を採用している。


「ロクシタン」

 「ロクシタン(L'OCCITANE)」はスヌーピーとコラボしたアイテムを数量限定で発売した。発売中の第1弾では「Take Care of YOURSELF (自分への思いやり)」をテーマに、自分へのご褒美やギフトに適したハンドケアアイテムをそろえた。ウサギとスヌーピーをパッケージに描いた“SNOOPY 2023 NEW YEAR ベストセラーキット”(3080円)は保湿バームのミニサイズと定番の“シア ハンドクリーム”をセットにした。限定アイテムは、全国の店舗と公式オンラインサイトにて取り扱っている。さらに、1月25日には第2弾、2月15日には第3弾も登場する。


「トミー ヒルフィガー」

 「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は、1955年にオランダ人作家・イラストレーターのディック・ブルーナ(Dick Bruna)が生み出したウサギのキャラクター、“ミッフィー”とのコラボコレクションを発売した。同コレクションはメンズ、ウィメンズ、キッズのウエアとアクセサリー43型で、スタジャンやチノパン、ラガーシャツ、カレッジセーター、ベースボールキャップなどのアイテムにミッフィーをあしらっている。ブランドのシグネチャーカラーであるレッドやブルーをはじめとする鮮やかな色使いも特徴だ。


「ファミリア」×「ビームス」

 ファミリアは、ビームスが運営する、日本の魅力を国内外に発信するブランド「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」とのコラボアイテムを発売した。コラボの題材は、ウサギをモチーフにしたお月見。アイテムはデニムバッグ(2万2000円)やポーチ(8250円)、ミニケース(4950円)だ。ファミリア公式オンラインショップとビームス ジャパン取り扱い3店舗、ビームス公式オンラインショップで販売中。

 両社はこれまでも「子どもたちが楽しく日本文化を楽しむきっかけになるように」と、21年には丑(うし)、22年には寅(とら)と、干支をモチーフにしたコラボアイテムをリリースしてきた。第3弾となる今回は、女の子とウサギ、クマが木に登り月を眺める様子や、ウサギがにんじんを分け合うアートを採用している。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。