ファッション

表参道に「マノロ ブラニク」の路面店が近日オープン

 英国のシューズブランド「マノロ ブラニク(MANOLO BLAHNIK)」は、東京・表参道に路面店を出店する。住所は渋谷区神宮前4-3-12で、「サンローラン(SAINT LAURENT)」表参道店の裏手にあった「カルヴェン(CARVEN)」表参道店の跡地。

 日本におけるディストリビューションを担うブルーベル・ジャパンによると、オープン日や店舗の詳細は近日中に発表予定だという。

 現在、「マノロ ブラニク」はギンザ シックス(GINZA SIX)内に旗艦店をはじめ、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、松屋銀座本店、名古屋三越栄店、大丸心斎橋店の5店舗にショップインショップを開いているほか、ロンハーマン(RON HERMAN)、エストネーション(ESTNATION)、バーニーズ ニューヨーク(BAREYS NEW YORK)など38店舗で展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら