ファッション
連載 ビジネスリポート

【ビジネスリポート先行公開】客単価が上昇傾向の玉川高島屋S・Cで好調だったショップは?(2022年上半期)

有料会員限定記事

 地域密着型で、地元の生活に根差した館である玉川高島屋S・Cは、コロナ禍で都心へ出ることを避けて来店するようになった男性や比較的若い層をうまく顧客化できている。東神開発の森脇公一・営業本部玉川事業部第1営業グループ グループマネージャーに上半期の商況を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2022年8月29日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年上半期を振り返ると?

森脇:前年同期比では衣料品の売上高は21.8%増、服飾雑貨は28.6%増。19年対比では衣料品が9.0%減、服飾雑貨は13.6%増だった。全館で見ても、3月以降はコロナ前(19年)の売り上げに戻りつつある。コロナ禍で都心へ出ることを避けて来店するようになったお客さまが引き続き特選ブランドを中心に、アウトドアやゴルフなどで買い物を楽しんでいる。

WWD:好調なショップは?

森脇:春の出勤用服ニーズをうまくつかんだのが「エストネーション(ESTNATION)」。きれいめのものが店内にそろっており、19年対比でもプラスになった。「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」も同様の動き。きれいめなものか、もしくはリゾート系のものをしっかり用意できたところが好調で、カジュアル一辺倒になってしまったところは苦戦を強いられた。きれいめなスタイリングは復活したが、足元はスニーカーが根強い。「エンフォルド(ENFOLD)」は動きやすく、汚れづらいなど、子育てに適しており、若いママの支持を獲得。そこにコロナ禍によってモード感を楽しみたい新客が流入して、両軸で動いている。「ナゴンスタンス(NAGONSTANS)」もアウトドアや外遊びのママ需要に合致。「カンペール(CAMPER)」はベビーシューズがフックに。インフルエンサー効果もあり、子連れのお客さまが来店し、ベビーだけでなく、メンズ・ウィメンズも売れている。また、昨年オープンした「オブシディアン(OBSIDIAN)」が継続してゴルフの新客をつかんでいる。芸能人で着用者も多く、モード系でオンとオフがシームレスに着られるデザインなので、ゴルフ場からそのまま街に出られる感じの、いいポジションを築いている。「ブリーフィング ゴルフ(BRIEFING GOLF)」も「パーリーゲイツ(PEARLY GATES)」「ビームス ゴルフ(BEAMS GOLF)」なども含めて、ゴルフゾーン自体も引き続き好調。

この続きを読むには…
残り1128⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。