ファッション

「マノロ ブラニク」と「ビルケンシュトック」がコラボ クリスタルが輝く“アリゾナ”サンダル

 英国のシューズブランド「マノロ ブラニク(MANOLO BLAHNIK)」と「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」は3月24日、コラボレーションによるカプセルコレクションを発売する。「マノロ ブラニク」の店舗や両ブランドの公式サイトなどで取り扱う。価格は8万4700〜10万2300円。

 コレクションは「ビルケンシュトック」の人気モデル“アリゾナ(Arizona)”サンダルと“ボストン クロッグ(Boston Clogs)”を、黒のレザーと、フーシャピンクおよびブルーのベルベット生地で展開した6種類。全アイテムに「マノロ ブラニク」のシグネチャーであるクリスタルを使ったバックルを付けた。また、限定で水玉模様をあしらった外箱を使用する。

 デザイナーのマノロ・ブラニクはコラボに際して、「私のワードローブには大昔から『ビルケンシュトック』があり、長きにわたって愛用してきたブランドだ。今回コラボレーションが実現したことに、とてもワクワクしている。日常使いに適した『ビルケンシュトック』の持つ快適さに、『マノロ ブラニク』のデザインを融合することができて、最高の気持ちだ」と語った。

 オリヴァー・ライヒェルト(Oliver Reichert)=ビルケンシュトックグループ最高経営責任者(CEO)は、「素晴らしいクラフトマンシップでシューズ業界をけん引してきた『マノロ ブラニク』とコラボレーションができて光栄だ。我々のアイコン的シューズが『マノロ ブラニク』のデザインと融合する、とてもユニークなコレクションが完成した。両ブランドの美学やデザイン性が刺激しあって、互いを次のレベルに導いた」とコメントした。

 「ビルケンシュトック」は、2020年春夏の「パーソナリティキャンペーン」に、マノロ・ブラニクとその姪でマノロ ブラニク社のCEOであるクリスティーナ・ブラニク(Kristina Blahnik)を起用した。両ブランドは22年6月にも、コラボコレクションの第二弾を予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら