ファッション

ザ・リッツ・カールトン大阪がマノロ・ブラニク監修のアフタヌーンティー提供

 ザ・リッツ・カールトン大阪は3月1日〜5月31日、英シューズブランド「マノロ ブラニク(MANOLO BLAHNIK)」とコラボレーションしたアフタヌーンティーを1階のザ・ロビーラウンジで提供する。

 2回目のコラボレーションとなる今回は、“桜”と“抹茶”がテーマ。マノロ・ブラニク氏が監修したスイーツや軽食がセットになったアフタヌーンティーで、“マノロ ブラニク アフタヌーンティーセット”(5200円)と“ザ・リッツ・カールトンシグネチャーアフタヌーン”(7800円)の2種を用意する。

 “桜”は3月1日〜4月14日に提供。桜風味のチキンサンドイッチや桜ジェリーを合わせたスモークサーモンのタルトレット、桜クリームをサンドしたケーキなどが入る。4月15日からは“抹茶”をテーマに、フォアグラと緑茶のテリーヌやミニ抹茶パフェ、抹茶風味のイングリッシュマフィンなどをそろえる。また、それぞれのテーマに合わせたデザインがあしらわれた「マノロ ブラニク」のハイヒールを模したクッキーも登場する。

 「マノロ ブラニク」は英国発のシューズブランドで、ダイアナ妃やマドンナ(Madonna)ら多くのセレブが愛用してきたことで有名だ。2017年にはマノロ・ブラニクにまつわるドキュメンタリー「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」が公開された。

■ マノロ ブラニク アフタヌーンティー
期間:3月1日〜5月31日
時間:11:00~19:00
場所:ザ・リッツ・カールトン大阪1階 ザ・ロビーラウンジ
住所:大阪府大阪市北区梅田2-5-25

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら