ビジネス

「カルバン・クライン」がコレクション事業から撤退 ミラノオフィスも閉鎖へ

 「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」は3月6日、コレクション事業から撤退することを発表した。チーフ・クリエイティブ・オフィサーのラフ・シモンズ(Raf Simons)の退任後、コレクションラインの「カルバン・クライン205W39NYC」は名称を変更して再建する予定だったが事態は一転した。撤退に伴い、ミシェル・ケスラー・サンダース(Michelle Kessler-Sanders)「カルバン・クライン205W39NYC」プレジデントは部門閉鎖の処理などをした後、6月に退任する。また、同社のニューヨークとミラノオフィスでそれぞれ50人程度の従業員が解雇されており、ミラノオフィスはいずれ閉鎖するという。スティーブ・シフマン(Steve Shiffman)=カルバン・クライン最高経営責任者は現職にとどまる。

 ミラノオフィスの閉鎖については2月頃からウワサになっており、同社は「多くの解雇手続きが行われているのは事実だが、社会的な影響を最小限にするべく努力している。対象となった従業員に最善の道が用意されるよう、関係者全員が協力してくれると確信している」とコメントしていた。また、同社は「カルバン・クライン」のニューヨーク旗艦店を19年春に閉鎖することを1月に発表しており、それに伴って解雇された100人ほどの従業員の退職金などを含め、ブランド再生策におよそ1億2000万ドル(約133億円)の費用がかかると試算していた。18年12月にラフ・シモンズが「カルバン・クライン」を離れて以降、同社はカテゴリーを横断して監督するファッション・ディレクター探しを続けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら