ビジネス

「カルバン・クライン」がコレクション事業から撤退 ミラノオフィスも閉鎖へ

 「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」は3月6日、コレクション事業から撤退することを発表した。チーフ・クリエイティブ・オフィサーのラフ・シモンズ(Raf Simons)の退任後、コレクションラインの「カルバン・クライン205W39NYC」は名称を変更して再建する予定だったが事態は一転した。撤退に伴い、ミシェル・ケスラー・サンダース(Michelle Kessler-Sanders)「カルバン・クライン205W39NYC」プレジデントは部門閉鎖の処理などをした後、6月に退任する。また、同社のニューヨークとミラノオフィスでそれぞれ50人程度の従業員が解雇されており、ミラノオフィスはいずれ閉鎖するという。スティーブ・シフマン(Steve Shiffman)=カルバン・クライン最高経営責任者は現職にとどまる。

 ミラノオフィスの閉鎖については2月頃からウワサになっており、同社は「多くの解雇手続きが行われているのは事実だが、社会的な影響を最小限にするべく努力している。対象となった従業員に最善の道が用意されるよう、関係者全員が協力してくれると確信している」とコメントしていた。また、同社は「カルバン・クライン」のニューヨーク旗艦店を19年春に閉鎖することを1月に発表しており、それに伴って解雇された100人ほどの従業員の退職金などを含め、ブランド再生策におよそ1億2000万ドル(約133億円)の費用がかかると試算していた。18年12月にラフ・シモンズが「カルバン・クライン」を離れて以降、同社はカテゴリーを横断して監督するファッション・ディレクター探しを続けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。