ファッション

ラフ・シモンズがCKを去る 経営陣との対立が原因か?

 カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるラフ・シモンズ(Raf Simons)がブランドを去る。ブランドが、ラフのビジョンとは異なる計画を示したことによるもののようだ。これに伴い、「カルバン・クライン」は、2019年2月のニューヨーク・ファッション・ウイークでコレクションを控える。

 ブランドを擁するPVHコープ(PVH CORP)は9月、ラフが責任を持つ領域を減らした新たな契約を打診。店舗デザインやVMD、EC、PR、CSRなどの各部門は以降、ラフ以外の人物の指示を仰ぐよう決めたという。これに伴い、最近ラフはオフィスで働く時間が減っていた様子。新たな契約は受け入れられなかった。

 さらに11月にはPVHコープのエマニュエル・キリコ(Emanuel Chirico)会長兼最高経営責任者(CEO)が、ラフのディレクションが結果を生んでいないと話し、「よりコマーシャルになるべきだし、トップラインと広告に割いていた予算は再検討する」とコメント。ラフのビジョンのもと刷新した「カルバン・クライン ジーンズ」が想定通りに進んでいないことは「ファッション性と価格が高すぎる。ミスだった」として、19年にはポジショニングを再検討することを明かしていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら