ファッション

ラフ・シモンズがCKを去る 経営陣との対立が原因か?

 カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるラフ・シモンズ(Raf Simons)がブランドを去る。ブランドが、ラフのビジョンとは異なる計画を示したことによるもののようだ。これに伴い、「カルバン・クライン」は、2019年2月のニューヨーク・ファッション・ウイークでコレクションを控える。

 ブランドを擁するPVHコープ(PVH CORP)は9月、ラフが責任を持つ領域を減らした新たな契約を打診。店舗デザインやVMD、EC、PR、CSRなどの各部門は以降、ラフ以外の人物の指示を仰ぐよう決めたという。これに伴い、最近ラフはオフィスで働く時間が減っていた様子。新たな契約は受け入れられなかった。

 さらに11月にはPVHコープのエマニュエル・キリコ(Emanuel Chirico)会長兼最高経営責任者(CEO)が、ラフのディレクションが結果を生んでいないと話し、「よりコマーシャルになるべきだし、トップラインと広告に割いていた予算は再検討する」とコメント。ラフのビジョンのもと刷新した「カルバン・クライン ジーンズ」が想定通りに進んでいないことは「ファッション性と価格が高すぎる。ミスだった」として、19年にはポジショニングを再検討することを明かしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら