ニュース

ベビー向けスキンケア「エルバビーバ」がリニューアル 男性も手に取りやすいブランドへ

 ジョンマスターオーガニックグループ(John Masters Organics Group)が展開する、米・カリフォルニア発ベビー、キッズ、マタニティー向けオーガニックスキンケアブランドの「エルバビーバ(ERBAVIVA)」は、ターゲット層を拡大してリニューアルする。すでに2月14日からベビーシリーズを新デザインに変更しており、4月にママシリーズを刷新し、6月には大きく刷新するパーソナルケアシリーズをスタートさせる。

 今回のリニューアルでは、バスソルトなどボディーケア中心の既存のパーソナルケアシリーズにスキンケアアイテムを加えて、幅広い年齢層に加え男性も対象とするラインとして拡充。長くライフスタイルに寄り添うブランドとして訴求していく。

 製品カテゴリーを視覚的に分かりやすく伝えるために、ベビーシリーズとママシリーズのパッケージには温かみのあるピンクベースのトーンを使い、パーソナルケアシリーズにはグレーベースのシンプルでスタイリッシュなパッケージデザインを採用した。

 また、全てのラインで原料や製造工程の透明性を分かりやすく表現するために、USDAオーガニック認証やクルエルティフリー、ビーガン、FSC(森林管理協議会)認証などの情報を、ラベルや外箱の前面にロゴマークで表示した。

 同ブランドは1996年に、ロビン・ブラウン(Robin Brown)=エルバビーバ創設者兼CEOが自身の子育てをきっかけに、赤ちゃんのためのスキンケアブランドとしてスタートさせた。その後マッサージオイルなどの妊娠ケア用品を展開。合成界面活性剤や合成香料を含まず、オーガニック原料とエッセンシャルオイルを組み合わせた製品を製造・販売している。日本へは2012年に上陸。妊娠から育児期までに使用できるブランドとして、自家需要だけでなくギフトとしても認知度を上げてきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら