ニュース

「ザ パブリック オーガニック」の睡眠の悩みに着目した精油ディフューザー

 国産オーガニックコスメブランド「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」は12月25日、睡眠の悩みに着目した「ホリスティック精油ディフューザー」(全5種、各1万5000円)を発売する。エストネーション(ESTNATION)六本木ヒルズ店と大阪店、リステア(RESTIR)六本木店および「ザ パブリック オーガニック」公式サイトで取り扱う。

 同製品は、日々のストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れから、睡眠の悩みを抱える現代人に向けて開発した。自律神経やホルモンをコントロールする大脳の視床下部に直接届いて、睡眠の悩みを改善する効果のある精油の芳香成分に着目。精油研究の専門家と睡眠医学博士と共に共同開発し、睡眠状態の測定や検証など科学的な根拠のもとに精油をブレンドした。

 精油の力がダイレクトに伝わるよう、合成香料は一切使わずに100%精油調香にこだわり、睡眠時に効果的に働きかけるために精油30%の高濃度配合を実現。植物療法の観点から調合した精油は、屋久島産スギ精油やフランス産トゥルーラベンダーなど世界から選りすぐった高品質のものを使用している。

 香りは、睡眠の5大悩みに合わせて5つのディフューザーをラインアップする。「クリアアウェイク」は、朝すっきり起きられない人に向けたもので、甘美なイランイラン精油と爽やかなオレンジ精油のフローラルシトラス調の香りで、爽やかで心地よい目覚めに導く。寝ても疲れが取れない人向けの「レストフルスリープ」は、爽やかなベルガモット精油と清涼感のあるユーカリ精油をブレンドしたハーバルシトラス調の香りだ。その他、何度も目覚めてしまう人用の「クオリティスリープ」、眠りが浅く、睡眠時間が少ない人には「ディープスリープ」、寝つきが悪い人向けに「フォールアスリープ」をそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら